大阪出張マッサジ La-Famu (風邪の予防)

最近は植物の力を凝縮したアロマオイル(精油)を使った風邪対策が、日本でも女性を中心に浸透しています。

精油には殺菌作用や免疫向上作用など、風邪に対応するさまざまな成分を含有するものがあります。その成分を活用した、風邪の予防と症状に効果的な精油をご紹介します。


風邪の症状を緩和するアロマオイル(精油)


・痰をきる…ユーカリ、フランキンセンス、ニアウリ

・咳を鎮める…サイプレス、スイートマジョラム、ユーカリ、サンダルウッド

鼻づまりについては『花粉症・鼻づまりに効果的なアロマオイル(精油)』をご覧ください。


風邪予防に有効なアロマオイル(精油)

・免疫力を高める…ラベンサラ、ジンジャー、ティーツリー、ユーカリ

・空気の浄化・殺菌…ティーツリー、ユーカリ、ジュニパーベリー、タイム


風邪のためのアロマテラピーのやり方



(1)芳香浴

アロマポットやアロマランプ、ディフューザーなどを使って部屋の空気を浄化する効果が期待でき、風邪の感染予防から回復まで役立ちます。部屋の加湿も行えるタイプのものを選ぶとさらに良いでしょう。

芳香を吸うことで喉の症状を抑えることも期待できますし、選ぶ精油によっては咳や痰を鎮めます。

芳香浴についての詳細は『お部屋でアロマ!アロマランプの効果的な使い方』をご覧ください。


(2)アロマバス

1日のなかで最もリラックスでき、血流も活発化するバスタイムに、風邪対策に効果のあるアロマを取り入れることで、より有効に精油(エッセンシャルオイル)の成分を心身に受け入れることができます。風邪が流行り始めの時期に、アロマバスでゆっくりと温まりましょう。

詳しくは『お風呂でアロマ!アロマバスに適したアロマオイルとは?』をご覧ください。


(3)アロマフットバス

熱があるときなど、全身浴ができない場合に有効な方法なのが足浴です。

風邪対策に効果のある精油を垂らすことで、足元から全身を温めるだけでなく、風邪の諸症状の改善に効果を上げることができます。

足湯について詳しくは『足(脚)のむくみの解消方法(4)冷えを解消する足湯』をご覧ください。


(4)冷湿布

頭痛を伴う風邪の場合には、洗面器に入れた水にラベンダーやローズマリーなどの精油を2滴ほど垂らしてよく混ぜます。タオルを浸して固く絞り、額にのせて痛みを緩和します。

このようにアロマテラピーでできる風邪の予防や症状を緩和する方法を知っておくと、風邪のひき始めなどに迅速に対応できますので、ご家庭で取り入れてはいかがでしょう。