大阪出張マッサージLa-Famu (顔まわりのケア方法)

乾燥しやすい耳の保湿ケア

顔はもちろんのこと、脚、腕、お腹、お尻の保湿や美白ケアをしている方は多いと思います。けれど、耳のケアをしているという話はなかなか聞きません。せいぜい耳の穴を掃除している程度ではないでしょうか。

けれど、耳こそ丁寧に保湿や美白ケアをしてあげるべきパーツなのです。というのも、皮脂分泌が盛んなのに乾燥しやすいという複雑な肌だから。それで いて、紫外線をたっぷり浴びやすい位置にあるため、知らない間に真っ黒になってしまったり、カサカサしてしまったり、臭いを放ってしまったりする可能性が あるのです。ご存じない方も多い耳のケア方法を、ここで解説します。


まずはしっかり洗って保湿を


耳は皮脂分泌が盛んなパーツだとお伝えしましたが、暑い季節はさらに皮脂の代謝が活発になります。けれど、直接見ることができないため、ついつい洗 い忘れてしまう人も多いのです。デリケートなのでゴシゴシと洗う必要はありませんが、お風呂で体や顔を洗ったついでに一緒に洗うようにしましょう。穴まで 泡をいれてしまうのは危険ですが、溝や裏側も指をつかって丁寧にやさしく洗い上げるのがポイントです。臭い対策のためにもここは入念に。

お風呂から上がったら基礎化粧品を使った保湿をお忘れなく。といっても、顔や他のパーツのように化粧水をバシャバシャつけて、美容液、乳液、クリー ムといったフルコースである必要はありません。顔のケアをした後に手に残った分で十分です。足りないと感じたら、少し足して塗ってあげるのがいいでしょ う。その際もグリグリと強く触るのはNGです。


肌荒れがひどい場合のケア方法


特に肌トラブルを抱えている方や、アトピー性皮膚炎の方は、特に踏み込んだケアが必要です。耳の裏側がジュクジュクしてしまったり、上下が切れてし まったり、耳の皮膚がポロポロと落ちてしまったりと、耳の肌の状態は、他のパーツと同じく人によって様々です。季節や体調によっても変わってくるはずなの で、その時々にあったケアをしてあげましょう。

その中でまず注意したいのは乾燥させないこと。上記にあげたように毎日ケアをしながら同時にチェックして、乾燥しているようならば保湿を入念にしま す。反対に切れていたり、ジュクジュクしてる肌には薬を使うことをお勧めします。正しく薬を塗ってあげれば、治りも早いです。症状がひどい場合は皮膚科や 専門家に早めの相談をすることが必要です。自己判断で症状を悪化させないようにしてください。


耳は人からよく見られるパーツです


耳は自分では直接見られませんが、人からはとってもよく見えるパーツです。極端に乾燥していたり、日焼けで真っ黒だったりではカッコ悪いだけでな く、清潔感がないように見えてしまうことも…。耳掃除以外の耳のケアをしたことがない方も、簡単な方法で大丈夫なので今日からぜひ始めてみて下さい。